西川高弘 Webマーケティングについて No.1

Webマーケティングとは、Webを中心に マーケティングでWebサイトやWebサービスを用いて集客するものです。

ここで少しWebマーケティングの歴史を説明していきます。

(1994〜1999年)
日本でインターネットが普及した年

90年代後半からインターネットは世界中に瞬く間に広がり、その後Mac(当時はMacintosh)やWindows95が爆発的に売れました。

そのおかげで現在のありとあらゆる仕事のビジネスチャンスが生まれました。

ホームページを制作して、仕事を受注する、ネットで通販をする、情報を世界中に簡単に発信する。

日本では定額通信サービスが 始まり、IT業界を中心にITバブルが起きました。

現在日本で有名な起業家もこの時期にチャンスをつかみました。
ソフトバンク 孫正義氏
楽天 三木谷浩史氏
サイバーエージェント 藤田晋氏
2ちゃんねる解説者 ひろゆき氏

この時代にチャンスをつかんで成功した人は名前を挙げれないほど多くいます。

次に(2000〜2004年)
ブログ登場 EC成長期

ホームページを制作して顧客に見ていもらう方法としてよく芸能人のブログに紹介されたりします。
総理大臣や有名な起業家もブログやメルマガ等を始めました。

EC成長期では楽天市場などが開始され、家の中にいながら簡単に自分の欲しい物を手に入れることができる時代に変わりました。
こんな時代が来たら嫌でも引きこもりの人は増 えますよね。

(2010〜2017年)
スマホ・アプリ・ゲーム

この中でも圧倒的に凄いのはやはりスマホですよね。
スマホが無ければアプリもゲームもここまでの時代になってなかったと断言してもいいぐらいの発明だと思います。

Apple社のiPhoneは今までの折りたたみの携帯からボタンの無いタッチパネルの商品に、全世界中の人を今なお虜にしている商品です。

Appleの創業者スティーブジョブズ氏に、iPhoneを販売する前にボタンが1つしか無いとユーザーが困る・・・、と優秀な人たちが助言をしたみたいです。

でもショブズ氏は一言、「そんなのはすぐに慣れる。」と返したそうです。

彼の予言通りまさしくすぐに慣れて子供でもスマホを触れる時代に変わりました。
このような歴史の中、何処の会社もWebマーケティングに力を入れようと懸命に努力するようになりました。