西川高弘 Webマーケティングについて No.3

今回は Webマーケティングの落とし穴についてお話しさせていただきます。

Webマーケティングで分析というと定量的なデータを重要視してしまいます。
しかし実際には定量的なデータでは分からない部分がたくさんあります。

その中の1つは顧客の声を聞けない部分です。

普段大企業はアンケートやモニター等を使って顧客の声をヒントに商品やサービス等を改良していきます。

しかし売れていない時期にアンケートやモニターをやってもそれこそ数が少なく分からない部分があります。

では、どのようにして改良していくのか?

この改良していくにあたる重要な部分の1つはクレーム対応です。

今までクレームからすばらしい商品が世に生まれた事はいくつもあります。

クレーム対応と言えば嫌な仕事で誰もクレームの相手をしたくはないと思うのが普通だと思います。

しかし、このクレームが商品やサービスをもっとすばらしいものに変える可能性があると考えた場合、その仕事はとても重要な仕事になってきます。

いい声も大切ですが、世の中のほとんどの商品が改良をされたからこそ大ヒットに繋がっているものがほとんどです。

クレームを言っていただける顧客にもしっかり感謝して、そのクレームについてしっかりと考えていく。
この部分が重要になってくるかと思います。